2泊3日 後編

2017年7月29、30日

この2泊3日の中で、

みおはママパパにいろいろな体験をさせてくれたよ。

ママと一緒に外食することができた。

ママは、みおがお腹にいるとき、

食事どころか、飲みものさえも拒否反応が出るほどのひどいツワリだったんだ。洗濯洗剤の匂いもだめになって、本当にきつそうだったよ。

ツワリが治り、ご飯が食べられるようになったときは食べたいものリストをつくって、

産婦人科の検診に行くご褒美に外食をよくしていた。

最近は、みおと少しでも長い時間過ごしたいという気持ちもあって、コンビニ弁当で簡単にすませることが多かった。

ママへのご褒美に、地元では美味しいと評判の洋食レストランを見つけたよ。

ママは、ハンバーグとステーキの定食。

パパは、ハンバーグとエビフライ。

子供が産まれた後はしばらくはご無沙汰になるねって話していた外食も、

こうして食べられている。

みおは親孝行だから、みおのおかげだねってママと話していたよ。

夜中のみおの様子だって見れた。

ママは体力的に厳しい状態だったから、

そのときはパパだけで病院へ。

夜中のNICU。

眠っているみおを、眺めていたよ。

ただただ、眺めてるうちにパパも一瞬寝ちゃった。

ハッと目を覚ますと、みおがいる。

幸せだった。

元気な姿も沢山見れた。

とくに朝一は元気で、声を掛けると反応して動いてくれる!

でも、足こぎをしている理由がこの時はよくわかっていなかった。

パパの顔もキックしてくれて、

パパも大はしゃぎ。

家族水入らずの楽しい時間。

この2泊3日のみお旅行は、

先生との家族面談で悲しくなるような言葉もあったけど、

それ以上に喜びや笑顔に溢れた時間が沢山あった。

みおの成長する姿が全てと言ってもいいほど、すでにみおはママパパの身体の一部。

お別れのときは、

なんで離れ離れにならなきゃいけないのか。

目が覚めたときにそばにいてあげたい。

家族で一緒に過ごした楽しい時間の分だけ、その反動は大きい。

みおと一緒に帰りたい。

暮らしたい。

三人の想いは、一つ。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。