看護師さんもビックリ!

2017年8月6日

パパが東京へ戻る前に、ママはみおの元に通うため、先生に運転の許可はもらっていたよ。

でも、体調面も含めてパパだけでなく、じぃじばぁばも長距離の運転はかなり心配していて。

じぃじとばぁばがママの車に同乗。

2日連続でみおの元に来てくれたよ。

朝から晩まで、病院に付き添うことは思った以上に大変。

徐々にやることも増えてきているし、時間が意外となくて、食事も合間を縫って急いで済ませる。

家に戻るのは、パパの運転でも19時くらいになる。

その後に、夕食の用意や家事など家のこともあるし、

じぃじやばぁばの生活サイクルも崩れるから心配だったよ。

それを察してか、

みおは本当におりこうさんにしてたんだって。

ママ、じぃじ、ばぁばにたくさん抱っこしてもらって、ママがお風呂も入れたって。

いっぱいみおと触れ合う時間があったってママが言ってた。

生後30日を経過し、1ヶ月記念に手足形をとることに!

その間も、みおはずっと寝ていて、大人しくしていたんだって。

おりこうさん。

パパに届けるビデオを、じぃじが撮影してくれてる。

みおは、体を反ったり、腕をグッと伸ばす癖があり筋緊張を抑える薬を今日から増やしたとのこと。

帰り際は、寂しかったのか全然寝てくれず、

ひとりにするのがかわいそうでなかなか離れられないでいたみたい。

そしたら、みおの担当看護師さんがダッコしてくれて、あやしたとたんに、

コテンと寝たみたい。

ママが安心して家に戻れるように、

担当看護師さんも、家族の状況を分かってくれていてフォローしてくれた。

パパは、その日会社に1ヶ月ぶりに出勤。

でも頭は、ママとみおのこと。

その日は、朝から会社幹部の人たちと面談。

みおとママの状況について話をしていたよ。

「仕事にもどれそうか?」の問いに、

パパが沈黙。

心も頭の中も、今はみおとママのことしか考えられないと素直に伝えたよ。

会社としても、30年やってきた中でも初めてのケース。

ママとパパのこれまでの会社貢献を考えても、会社のできることは全力でサポートしたいと言ってくれた。

「期間は任せるから、仕事にしっかり戻れる状態になるまで、家族といなさい。」

パパその言葉を聞いたとき、本当に涙が止まらなかったよ。

本当に本当に感謝しかなかった。

パパは、ママに面談後すぐに報告。

じぃじとばぁばにも、もう少し同居生活をさせてもらっていいか確認をしてもらい。

じぃじとばぁばも、喜んでくれた。

次の日には、朝一の電車でみおの待つ病院へ。

おとといお別れしたつもりのパパが、、、

朝から病院にいるから看護師さんたちもビックリ!

「パパ、、、こんなにお仕事休んで大丈夫なんですか?生活も大丈夫ですか?」

って、逆に心配された(笑)

2ヶ月休みとって毎日通うパパ初めてかもって(笑)

看護師さんたちも、笑って歓迎してくれたよ。

ママとは、病院で再会。

あまりにも、嬉しそうなパパに。

一緒に喜んでくれたよ。

みお、パパ戻ってきちゃった(笑)

また、毎日毎日みおに会いにくるからね!

ママとも一緒にいるからね!

いま、パパ会いにきました。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。