君の名前

2017年7月6日

病院の消灯時間は、夜の20時。

ママとパパのいる病室は、個室だったから少し音も静か。

ママの体調も不安定で心配だったから、

いつも早めにふたり「おやすみ」って、言うんだけど。

3日間は、容態が急変する可能性があったから、ママもパパも、君がいない病室ではなかなか寝られないでいる。

すぐそこにいるのに。

今すぐ会いたいのにNICUが遠い。

消灯され暗くなった病室は、心配や不安が襲いかかってくる。

だから、お互い布団に入って君のことを話すんだ。

ママはベッド。その隣に並べたパパの簡易ベッド。

いつも今日みた君の姿を振り返って、話しをするんだ。

そのときは、暗い病室が嘘みたいに明るい。

この日の会話は、名前の話。

いくつかの最終候補があったけど、君の顔を見た瞬間にどの名前がピッタリと感じたか、

お互い気持ちを同時に、せーの!で言うこにしたよ。

「せーの!」

ママパパの答えは、完全に一致!

なぜ、その名前がピッタリだと感じたかとか、

この後もいろいろお話ししたよ。

やっぱり後にも先にもたどり着くのは、

この一つの名前。

君がお腹の中にいるときから、たくさんたくさん考えたけど、

ママもパパもこの名前しかないと思った。

朝が来たら、君に聞いて決めることにしたよ。

明日は、家族の大イベント。

早く君に会いに行くために、今日は早く寝ようと就寝した。

朝を迎え、車椅子にママを乗せてNICUに向かう。

なんと君の名前発表の日は、ママパパの結婚式を挙げた日。

7月3日

ママパパの大事な日が、

4年後の今日、

家族の大事な日にかわる。

ママパパが想いを込めた名前を、君は気に入ってくれるかな。

ママが、初めて名前で呼び掛けたよ。

「みおちゃん」

君にぴったりな優しくて、安らぐ綺麗な響き。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。