ママ退院の日 後半

2017年7月8日

病院には無理を言って、ママの退院の時間は16時まで引き伸ばしてもらったよ。

今日は、いつも以上にみおに会いに行くと2人で決めていて、たくさんお話をして、たくさん触ったよ。

みおが笑ってくれてるように見えて、笑顔を見せてくれてるんだって感じた。

「ママパパ心配しないで、泣かないで」って言ってるみたい。

酸素濃度も70になり安定してきた。

看護師さんも驚くくらい手足を頑張って動かしてくれる。

ママのミルクキャンディーにも、反応してくれたよ。

ママもみおに心配かけないように、最初は笑顔で頑張ってたけど。

愛おしさで涙がこみ上げてくる。

ママはね。

この時、パパの何倍も寂しかったはず。

病院の先生から安静が必要と言われていて、極力外出は控えるように言われてたから。

退院したら、みおにすぐに会えない。触れられない。側にいることができない。胸が張り裂けそうだったって。

病院がすぐ近くにあれば違ったかもしれないけど、みおに会いにくるには外出どころか長距離の車移動が必要になる。

みおに頻繁に会いにくることは難しかったんだ。

そんなママの姿を見ていて、何かふたりの為にできればと、

初めて、みおとママふたりきりの時間をつくることにしたよ。

パパは、その間に退院の準備。

ママは君の手をずーっと握って1時間くらいおしゃべりをしてたんだって。

幸せな気持ちになれたって言ってた。

最後はパパママ2人で会いにいったけど、みおがさみしがっちゃうから、ふたりとも笑顔でいようと決めたよ。

ママは帰り際、さみしくてさみしくてみおから離れられない。

ミルクキャンディーまだかな、

パパママの声が聞こえないなって、

みおが悲しむんじゃないかって。

「みおがさみしがっちゃうから行こう」って、ママに声をかけたけどパパも本当に離れたくなかった。

3人で写真を沢山撮ったよ。

ママパパの宝物がまた一つ増えた。

ずっと側にいる。

どんなことがあっても離れない。

一生みおを守ります。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。