クリスマス・イヴ

2017年12月24日、12月25日

クリスマスイヴとクリスマス。

みおは、初めてのクリスマスだね。

外は寒いけど、空気が澄んていて、キラキラしたイリュミネーションがすごく綺麗なんだよ。

この日は、いろいろなところでパーティーが行われていて、お店で美味しい料理を楽しむ人、家族みんなで家でプレゼントをもらったりするんだよ。

たくさんの笑い声や、楽しい音楽。

街がなんだか色づいてみえる日。

外にはお出かけできないけど、3人でゆっくりおうちで一緒に過ごすよ。

毎年出しているクリスマスツリーは、今年はお預け。

みおにも、クリスマスツリー見せてあげたかったんだけど、ごめんね。

ママもパパも、みおが側にいてくれるだけで、毎日大きなイベントだらけ。

出したり、片付けしたりがちょっと難しいから、来年だそうね。

でも、ママはやっぱり女の子。

朝からクリスマスイヴだよって、ウキウキしてる。

ママがこの日に合わせて、たくさんのクリスマスグッズを用意していたよ。

どこにもあるような風景だけど、こういう普通のことが、格別に幸せすぎる。

昨日までは、ゼロゼロひどかったり、朝から緊張も強かったけど、

みおは、本当に空気を読むのがうまいから。

朝からものすごく大人しい。

クリスマスだから、おしゃまさんしてるのかな。

じぃじばぁばから、アンパンマンのぬいぐるみ。

パパのおかんからは、お歌の絵本のプレゼントが届いたよ。

じぃじばぁば、おかん、ありがとう。

ママは、朝からクリスマスのお買い物。

パパがケンタッキー食べたいって、言ったら。

大量のケンタッキーのチキンとビスケット。

夕食には、ビーフシチューを作ってくれるって!

今年のクリスマスは、ケンタッキーのクリスマスセットと、ママがつくるビーフシチュー、パパが好きなチョコレートケーキ。

二人のときは、よく一緒にシャンパンを開けたけど、ママはシャンメリー。

今の3人にとっては、どこの豪華なフルコースでも、味わうことはできない幸せなひととき。

この日を、東京でみおとママと3人で迎えれることがママとパパにとって最高のプレゼント。

神さま、みお、本当にありがとう

みおは、相変わらずものすごく落ちついている。

粉ミルクも順調に増えている。徐々に母乳との割合を増やしていき、今日の23時のミルクは、母乳60ml、粉ミルク100mlを試すことにしたよ。

日付は、25日のクリスマス!

0時10分に、いつも通りミルクの注入が終わる。

すると、0時50分頃。みおが突然、ミルクを吐いた。しかも、かなりゼーゼーしている。

1時10分頃。2〜3回続けて、みおが吐くから部屋の明かりをつけると発疹ができてる。

顔の頬からアゴにかけて真っ赤なぶつぶつ、股や左膝裏、首や耳が真っ赤になってる。

手はパンパンに腫れ上がり。何度も何度もクシャミをして、苦しそう。鼻からもミルクが、、、

ママが、慌てて訪問看護ステーションと救急外来に連絡。

すぐに用意して病院に向かい、1時50分頃に到着。

車では落ちついていたけど、病院に着くと再度発疹と嘔吐が始まる。

救急外来の先生が吸引と経管チューブから胃の中のミルクを全部取りだす。

診断結果は、ミルクアレルギーの可能性が高いとのこと。

アレグラを投与、処方される。

徐々にみおも落ち着きを取り戻し、25日朝4時頃帰宅することができた。

クリスマスも、手足、腰おなかの赤い発疹が治らず昨日のなごりがある。とても痛々しい。

でもとにかく無事で本当に良かった。

一生忘れないクリスマスプレゼントでした。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。