おかん

2017年8月22日〜8月26日

パパには、鳥取におかんがいる。

パパのおとんは、パパが15歳のときに他界。

男二人兄弟を、女手一つで育ててくれた。

もともと心臓がよくない上に、そのときの無理がたたって腰や脚などを壊してしまった。

一人で鳥取に暮らしているため、心配というのもあって、ママと一緒に年に一度は鳥取に里帰りして、3人で温泉いったりゆっくりしたりしていた。

みおがお腹にいることが分かる前の年くらいから、おかんには会っていなかった。

おかんは、新幹線や飛行機の移動にも腰の負担が大きくなかなか東京にくることができない。

近況は、電話連絡で報告していたよ。

みおが生まれた日。

救急車で向かった日赤病院。

みおは集中治療室に入り、ひとり病院で待っているときパパは状況が把握できず、かなり取り乱していて。

そのとき電話したのがおかんだった。

おかんは長野にとんでいくと言ったけど、緊迫した状態だったし、今後病院もどうなるかも分からなかったから、今は来ないでいいとおかんには会いたい気持ちを我慢してもらっていた。

亡くなったおとんや、おじいちゃん、おばあちゃんに毎日毎日、みおのことをお祈りしてくれていたんだよ。

最近は、みおの状態も日に日に良くなっていることと、ママパパの気持ちにも少し余裕ができたから、おかんを長野へ呼ぶことにした。

パパは一度おかんを迎えに東京へ戻り、朝一で直接病院へむけて車で出発。

おかんが鳥取からくるということでじぃじ、ばぁばも、病院に来てくれていたよ。

今日は、本当に賑やかな一日になりそうだね。

生後50日で、やっと目にするみお。

おかんも、緊張しまくってる。

ママとじぃじ、ばぁばは少し到着が遅れるとのことで、パパとおかんで先にみおの元へ向かった。

パパにとっては、いつも通っているNICUだけど、おかんにとっては全てが始めて。

入室前に入念に手を洗い、消毒液で手と腕を消毒。

みおのベッドに向かった。

「みお、パパのおかん会いにきたよー」って!?

ん?ん!?

みおじゃない!!違う子がベッドにいる!?

緊急で何かあったのかとパパも、パニック。

近くにいた看護師さんにみおは、、、と問いかけた。

「みおちゃん、今日からGCUに移動になりました!」

え!!すごい!!すごい!!!

奇跡がまた一つ起きた。しかも、おかん来た日に。

おかんは、何が何だか分かっていないがパパにとってはどれだけ嬉しいことか。

ママも知ったら絶対大喜びする。

今までいたNICUとは、新生児特定集中治療室というところ。

GCUとは、新生児回復室といって、みおが危機的状態を脱したことを意味する。

初めて言葉だけでなく、かたちとして確認できる瞬間だった。

急いでGCUへ。

みお、いるーーーー!

喜びを隠せないパパに、おかんも嬉しそう。

この前の面談で家に帰る準備をする時期とは言われたけど、まさか、こんなに早く準備に入れるなんて。

間もなく、ママとじぃじ、ばぁばもGCUに。

パパと同じように違う赤ちゃんに話しかけちゃったみたい。

みんな、大喜びだよ。

生後50日でGCUまできた。

みお、本当に本当によく頑張った。

おかんは、じぃじとばぁばとはママパパの結婚式以来。丸4年くらい会っていない。

おかんも緊張してたけど、

やっとみおちゃんに会えたねぇ来れてよかったねぇって、本当に優しくおかんを迎え入れてくれた。

早速、ママが抱いてあげてくださいって、

抱っこしたみおを、おかんへ。

おかん、ガチガチになってるけど、

みおを抱き寄せたときは本当に言葉になってない感じ。

みおを抱くこの日をおかんは本当に心待ちにしていたから。

この日は、じぃじとばぁばにもたくさん抱っこしてもらって。

みおは、ハーレム状態。

みんな笑顔に包まれて、みおも幸せな気持ちになってくれたかな。

それから、3泊したおかんはとにかくみおを沢山だっこ。

おもいっきりみおとの時間を過ごしてもらったよ。

みおも、日に日におかんの抱っこに落ちついて眠るようになったよ。

おかんも、嬉しかっただろうな。

ママパパも、おかんと一緒に3人一室で「たんぽぽ」に宿泊。

パパもママも、みおとおかんを会わせることができて本当に幸せだったよ。

ママパパの在宅ケア練習もこの連泊中に始まったよ。

ママが率先して頑張っている。

最初に教わったのは、浣腸の仕方。

ママ少し抵抗あるかなと思ったけど、すごくテキパキとこなしてる。

このときのママのたくましさには、パパもびっくり。

やっぱり母は強し。

カンガルー抱っこをいっぱいして家族水入らずの時間もたくさん過ごしたよ。

パパの弟が、おかんを迎えにきて。

おかん、最終日。

おかんは、体のこともあるし、なかなか簡単にみおに会いにくることができないから、余計辛いよな。

みおの、もう一人のばぁばだよ。

みおとママとパパの3人で、いつかパパの故郷鳥取に帰って、おかんとまた温泉にいこうね。

おかん、待っといてな。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

最後まで、ご覧いただきありがとうございました☺️

今後とも「みおぶろぐ」応援よろしくお願いいたします😊

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

障がい児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

全ての出生児の中で10%と言われている「低酸素性虚血性脳症」の娘、mioの両親。 最愛なる娘との愛おしい生活のリアルな記録を届けるパパライターと、ママ編集長。